リゼでは未成年や学生の契約には親権者の同意が必要

女性のみで運営されていて人気のリゼクリニックでは未成年や学生の方も脱毛は可能ですが、おひとりで契約をすることができません。
ですが、これはリゼクリニックに限ったことではなく、一般的なサロンやクリニックなどでもでも同じことが言えるます。

なぜ一人で契約がでいないかというと未成年の方や学生の方が一人で契約した場合には脱毛やエステのサービスを法定代理人がキャンセルすることができるというシステムがあるためです。
それは法律的に未成年や学生の方が判断力が未熟であると判断されるためなのです。

そのためどのサロンやクリニックでも同様に法定代理人(一般的には親権者)の同意が必要となるのです。

リゼクリニックで脱毛の契約をするには契約時に法廷代理人の同席もしくは法廷代理人が記載した同意書を持参することで契約をすることができます。

リゼクリニックでは親権者の同意書がWEBページからダウンロードできます。
Q&Aで「未成年」という言葉で検索するとリンクを見つけることができるかと思います。

この記事に関連するコラム

未成年・学生が脱毛を受ける時は?

  • 登録日:2017-02-13 12:00:00

 学生や未成年がリゼクリニックを利用する際には保護者に同意書を作成してもらう必要があり、クレジットカード払いにも対応しています。また契約料金以外の費用が発生しないことや、医療機関として医師や看護師が脱...続きを読む


リゼクリニックに予約した未成年者の口コミ

  • 登録日:2016-02-22 12:00:00

全ての利用者に対し、誠意を持って接してくれる脱毛クリニックは良心的で評判も良いです。特に未成年者が通うのであれば、この部分に注目した選び方をすると、不安やご家族の心配も減るでしょう。 ...続きを読む


同意書を準備してからの契約になります。

  • 登録日:2014-12-01 12:00:00

リゼクリニックの脱毛は料金が安く、どなたでも気軽に医療レーザー脱毛の施術が受けられるクリニックです。 そのため最近は学生の方でもリゼクリニックの脱毛を受けることができるようになってきました。ですが、学...続きを読む