毛嚢炎を起こしやすいパーツ

リゼクリニックではWEBページ上で様々なトラブルの事例も紹介しています。その事例の一つに毛嚢炎というものがあります。
毛嚢炎というのは脱毛後の毛穴の中に炎症が出来てしまうことで、もともと医療レーザー脱毛はムダ毛を熱処理するものです。そのため脱毛時には毛穴の中にも高熱が発生します。 つまり、その熱で一旦毛穴の中の雑菌は死滅するのですが、脱毛後に汗をかくなど雑菌が入り易い環境になってしまうと毛穴の中で炎症が起こってしまうのです。

その前に効きなれな毛嚢とは何をさすのかわかりますか?
毛嚢というのは簡単に行ってしまえば毛穴のことです。厳密にいうならは毛根やその毛根を生成する毛母細胞を包む部分のことを言います。
この袋状の部分が医療レーザー脱毛を行うとかるいやけどの状態になってしまうのです。そのため脱毛の直後は雑菌に感染しやすい状態になっているのです。

脱毛後の生活に関してはクリニック側からもいくつか守るべきことが提示されると思いますが、しっかりその注意事項を守って安全な脱毛を行うようにしましょう。

この記事に関連するコラム

デリケートゾーンの脱毛がおすすめ

  • 登録日:2014-12-03 12:00:00

リゼクリニックではデリケートゾーンの脱毛がおすすめです。なぜならそれは脱毛機が最新型のものであり、お肌にやさしく痛みが少ない機種であるためです。 リゼクリニックで使用しているのはライトシェアデュエット...続きを読む


同意書を準備してからの契約になります。

  • 登録日:2014-12-01 12:00:00

リゼクリニックの脱毛は料金が安く、どなたでも気軽に医療レーザー脱毛の施術が受けられるクリニックです。 そのため最近は学生の方でもリゼクリニックの脱毛を受けることができるようになってきました。ですが、学...続きを読む


経験豊富な医師や看護師がそろっています

  • 登録日:2014-11-10 12:00:00

リゼクリニックは他のクリニックと違い医療レーザー脱毛専門のクリニックです。 医療レーザー脱毛というのはトラブルが起きやすい施術です。それは医療レーザー脱毛の仕組みが熱で毛を処理する方式であるためです。...続きを読む