毛嚢炎を起こしやすいパーツ

リゼクリニックではWEBページ上で様々なトラブルの事例も紹介しています。その事例の一つに毛嚢炎というものがあります。
毛嚢炎というのは脱毛後の毛穴の中に炎症が出来てしまうことで、もともと医療レーザー脱毛はムダ毛を熱処理するものです。そのため脱毛時には毛穴の中にも高熱が発生します。 つまり、その熱で一旦毛穴の中の雑菌は死滅するのですが、脱毛後に汗をかくなど雑菌が入り易い環境になってしまうと毛穴の中で炎症が起こってしまうのです。

その前に効きなれな毛嚢とは何をさすのかわかりますか?
毛嚢というのは簡単に行ってしまえば毛穴のことです。厳密にいうならは毛根やその毛根を生成する毛母細胞を包む部分のことを言います。
この袋状の部分が医療レーザー脱毛を行うとかるいやけどの状態になってしまうのです。そのため脱毛の直後は雑菌に感染しやすい状態になっているのです。

脱毛後の生活に関してはクリニック側からもいくつか守るべきことが提示されると思いますが、しっかりその注意事項を守って安全な脱毛を行うようにしましょう。

この記事に関連するコラム

1回の効果は?5回で終わるの?大宮院の脱毛体験レポート

  • 登録日:2018-02-19 12:00:00

 リゼクリニック大宮院は、2017年7月に開院したきれいなクリニックで、痛くないと評判の3種類の脱毛器を使っている最新の医療レーザー脱毛を行っているクリニックです。口コミや評判もよいですし、VIO脱毛...続きを読む


【2018年2月】痛くない?リゼクリニックのVIO脱毛を体験してきた

  • 登録日:2018-02-12 12:00:00

 リゼクリニックは、医療レーザー脱毛を行っているクリニックですが、痛みを感じにくい3種類の最新機器を使っているだけでなく、2種類の麻酔も用意されています。VIOは痛みの強い部位ですので、痛みが少ないリ...続きを読む


医療レーザー脱毛は一回で効果がありますか?

  • 登録日:2018-01-29 12:00:00

 リゼクリニックの脱毛をはじめとする医療レーザー脱毛ーは、毛周期に沿って行いますので一回の脱毛で完了することはなく、5回程度通うことになります。そのため、脱毛を考えている人は、夏に始めるのではなく今か...続きを読む