照射漏れには十分注意しましょう

リゼクリニックで行っている医療レーザー脱毛は脱毛機のハンドピースから照射される光が当たらなかった場所に関しては当然のことながら脱毛が出来ません。
脱毛の施術を行ったにもかかわらず一部だけまとまって毛が生えてきてしまうなどということがあるのです。
これはいくつか可能性は考えられますが、その中の一つに施術をした際の「打ち漏れ」が考えられます。

この打ち漏れは脱毛機の照射口の大きさに合わせて脱毛をしていくのですが、その1ショットごとの間に照射が出来ていない部分に関しては当然脱毛の効果が得られません。
ですが、そのタイミングでの小さな打ち漏れは回数をこなすごとに目立たななくなってきますが、大きな面積が残ってしまっている場合にはすぐに申し出るようにしましょう。
数をこなすときにも毛周期の関係で脱毛の漏れになってしまうことがあります。

この現象がわかるのは脱毛の施術後2~3週間後です。というのも脱毛の施術をしたあとは2~3週間かけて毛が抜け始めるのです。
その際に照射範囲内であるにも関わらず急激に毛が伸びてくるためわかりやすい現象です。

リゼクリニックではこのような場合にもしっかりと対応をしてくれます。
具体的には前回照射から4週間以内に連絡があった場合には無料で追加照射を行ってくれます。
気になった場合にはすぐに連絡しましょう。

特に顔脱毛など脱毛のパーツが小さい場合には注意が必要です。

この記事に関連するコラム

福岡天神院で顔脱毛!何回目から効果があるの?

  • 登録日:2017-07-10 12:00:00

 リゼクリニックの福岡天神院は、地下鉄駅から徒歩1分という好立地に建っています。  私はそこに通って顔脱毛の施術を受けました。医療脱毛の常識を覆すほどの低料金で痛みの少ない丁寧な施術を受けることができ...続きを読む


顔脱毛で感じた嬉しい効果とは

  • 登録日:2016-12-26 12:00:00

 リゼクリニックで、顔脱毛を現在行っています。私の肌質、毛質などを考慮して、最も安全にケアできるマシンを選んでくれます。なので、それほど痛みもなく、ムダ毛の処理ができます。抜群に効果を感じるので、おす...続きを読む


スキーやスノボに行くときは日焼けどめを

  • 登録日:2014-11-24 12:00:00

医療レーザー脱毛というのはいくつか弱点があります。その一つに日焼けしたお肌に脱毛の施術が出来ないというものがあります。 日焼けというとどうしても夏のイメージが強いですが、冬にも注意が必要です。 冬には...続きを読む