妊娠したら施術は休止となります

■妊娠中に脱毛はできるのか?
せっかく、ムダ毛処理から解放されてツルツルの肌を手にいれるために計画を練って高いお金を払って契約したのに・・・長期出張や転勤、退職、病気、妊娠等々、思いがけないことは起こるものです。リゼクリニックではそんな時でも安心のシステムがあります。では、妊娠した時はどうでしょう。
脱毛の医療レーザーは、エックス線や紫外線を含むものではなく、皮膚の数ミリ下のメラニン色素に反応するため、胎児への影響は心配ありません。ですが、妊娠中はホルモンバランスが不安定で通常の状態とは異なるため、他のクリニックやサロン同様、リゼクリニックでも妊娠中の照射は行っていません。

■妊娠中のホルモンバランスは?
個人差はありますが、妊娠中は肌質や発毛状態が通常では経験しないような変化を起こすことがあります。ホルモンバランスが乱れると、毛の生え変わるサイクルも不規則になることが多く、効果的な脱毛を行うことが難しくなってしまいます。たとえば女性ホルモンの働きが弱ると、それと同時に男性ホルモンの分泌が活発になり、今までなかったようなムダ毛が生えやすくなったりするのです。
その他にも匂いに敏感になったり、肌が敏感になり衣類の繊維や使い慣れた化粧品でトラブルを起こすなど、通常とは違う状態に見舞われることもあります。また、もしも妊娠中にレーザー照射をしても、その刺激で逆に毛が濃く太くなる場合もあります。妊娠中の脱毛を休止するのは、危険だからというよりもホルモンバランスが通常に戻るまでは効果が安定しないというのが大きな理由の一つです。また、万が一照射後に皮膚に炎症が起こったとしても、薬の服用も通常通りにはできませんので、処置に困ることになります。
その他にも、お腹が大きくなるとベッドの昇り降りやちょっとした移動や体勢も負担になります。やはり大切な命を宿しているわけですから、母体に負担を与えない過ごし方が大前提です。妊娠がわかったらすぐに休止の手続きをなさってください。

■授乳期間中の脱毛は?
出産を終えて授乳期に入った女性も、未だホルモンのバランスが通常に戻っていない上に、万が一の照射後の炎症止めや飲み薬も通常通りには処方できない状態のため、やはり照射は行えません。

■リゼクリニックはコースの有効期限は5年!
では、妊娠中と授乳期間中で2年近く脱毛を休止するとなると、契約はどうなるのか?というのが心配なところです。
実は、こちらでは通常から「毛の生え変わる周期に合わせて永久脱毛の効果を最大限に高められるように」と、5年という長い有効期限が設けられていて、有効期限を気にせず、一人一人に合ったタイミングで照射できるようなシステムになっています。脱毛の照射間隔は最低でも2ヶ月は空けることになっていますが、人によっては(毛周期の違いもあり)、次の照射まで数ヶ月空けた方が効果的な人もいるので、余裕をもたせた期限にしているのだとか。
ですから、この長く設定されたコース有効期限のおかげで、妊娠などのやむを得ない事情で一定期間クリニックに通えなくなった場合も安心して休止することができます。

■脱毛再開のタイミングは?
いつ頃から脱毛を再開できるかというと、出産後に生理が安定的に2回以上きてから・・・というのが目安だそうです。その状態になってからこちらのクリニックに連絡をした上で出向き、面談やアンケートによって再開が可能かどうかの判断をしてもらいます。
妊娠期間中に毛量が増えたり太くなった場合、ただでさえ妊娠で休止期間があるのに更にマイナス要因が・・・と気が重くなりそうなところですが、心配はいりません。
脱毛マシンの光は、毛の黒い色(メラニン色素)に反応する仕組みなので、太くなったら更に反応が良く効果高くなるともいえます。ですから、細い産毛のような毛よりも効率よく施術ができるかもしれません。
休止・再開のお問い合わせは、ぜひお早めに。

この記事に関連するコラム

リゼの脱毛の光は人体に影響なし

  • 登録日:2014-06-16 12:00:00

医療レーザー脱毛が強力で永久脱毛であることはご存知の通りかと思います。 ですが、そこまで強力であるが故に何か有害な成分が入っているのではないかと心配される方もいらっしゃるようです。 特に女性ならでは...続きを読む