初めての脱毛で不安...これさえ読めば安心です!

 リゼクリニックではタオルガウンを用意しているので、施術当日の服装を気にする心配がありません。また、カウンセリングもどのような服でも問題ありません。しかし、日焼けをした肌はレーザーによって火傷をする可能性があるので、避けるようにしましょう。

リゼクリニックの脱毛はどんな服装で行くの?持ち物や注意点は?

  1. 服装はどうしたら良いのか
  2. 持ち物はどうしたら良いのか
  3. 脱毛による注意点とは
  4. リゼクリニックで日焼けをしてはいけない理由


服装はどうしたら良いのか

 口コミサイトなどをチェックすることで、大まかな施術内容を知ることが出来ます。しかし、施術やカウンセリング当日の服装についてはなかなか分からないもの。カウンセリングでは施術を行いませんので、どのような服装でも問題ありません。そして、実際に脱毛を受ける場合も服装を気にする必要はありません。リゼクリニックではタオルガウンを着用するため、どのような格好でも問題無いのです。服装が理由で断られる心配はありませんので安心しましょう。
 また、VIOラインの脱毛をする場合は下着を脱いでタオルガウンを腰に巻きますので、どのような下着でも問題ありません。また、腕の脱毛をする場合はノースリーブをおすすめします。ノースリーブであれば服を着たまま脱毛マシンを使用することが出来るので、手間がはぶけるでしょう。

★服装のポイント
  • 服装はなんでもOK


持ち物はどうしたら良いのか

 リゼクリニックでは最初にカウンセリングを行い、そこでは毛量や毛質のチェックを行います。これによって肌に悪影響を与えないようなレーザー出力を決めます。そのほかに申し込み手続きや支払い方法も決めますので、持ち物に注意をしましょう。基本持ち物はありませんが、申し込みまでするつもりであれば、身分証明書、引き落とし用の口座番号、現金やクレジットカード、シャチハタ以外の印鑑などを用意してください。
 また、カウンセリング当日は自分でムダ毛を処理する必要はありません。ムダ毛の毛質や毛量をチェックしなければならないので、ある程度のムダ毛が必要なのです。そのほかに日光アレルギーや金属アレルギーを持っている女性は、必ずスタッフに伝えておきましょう。そして、テスト照射も受けられます。また、カウンセリングの時間は30分から1時間程度です。

★持ち物のまとめ
  • 身分証明書
  • 引き落とし用の口座番号など
  • 印鑑
  • メモ帳・筆記用具(あると便利)
  • 同意書(未成年の場合)


脱毛による注意点とは

 いくら脱毛を受けたとしても回数を重ねるまでムダ毛は生えるものです。そのため、自己処理が必要ですが自己処理では必ずシェーバーやカミソリで剃るようにしましょう。ワックスや毛抜きで抜いてしまうと毛根細胞も抜けるので、レーザーが反応しなくなってしまうのです。
 また、脱毛後の肌は非常に敏感になっているので、普段以上のスキンケアが必要になります。保湿クリームや化粧水を利用しましょう。さらに、汗をかくことで湿疹を起こすこともありますので、こまめに汗を拭き取るようにしてください。これによって肌が清潔になり肌トラブルを防ぐことが出来ます。また、予防接種を受けることもあるかと思いますが、予防接種によって発熱や腫れを起こすことがあるのです。そのため、前後2週間は予防接種を避けましょう。

★リゼクリニック脱毛前・脱毛後の注意点
  • 自己処理はジェーバーやカミソリを使う
  • 毛を抜く行為を禁止
  • 予防接種は2週間前後避ける
  • 施術前後(当日)の飲酒禁止
  • 大量の汗を画かないようにする
  • 日焼け禁止
  • 施術後は保湿をしっかり行う


リゼクリニックで日焼けをしてはいけない理由

 レーザー脱毛とは黒い色素を持つ細胞にレーザーが反応することで脱毛を行います。しかし、肌が日焼けをして黒くなっていると、毛根以外の部分にもレーザーが反応してしまうのです。これによって肌が火傷してしまうので、どうしてもレーザーの出力を下げなければなりません。そして、脱毛の効果も弱くなってしまうのです。
 また、日焼けをした肌は毛嚢炎と呼ばれる肌トラブルが起こりやすい状態になっており、いつまでもヒリヒリや腫れが続いてしまいます。そのため、脱毛期間は外出時に必ず日焼け止めを塗るようにしましょう。
 また、リゼクリニックには化粧落としを用意したパウダールームがありますので、顔の脱毛をする場合でもメイクをして行って問題ありません。しかし、顔脱毛後のメイクは低刺激のものを選びましょう。